インターン制度

【インターン生体験談】自分の甘さに気づく体験。

【インターン生体験談】自分の甘さに気づく体験。のアイキャッチ

グランネットでのインターンは、僕にとって初めてのインターンでした。大学の友人の話を聞いていると、「インターンでは学生同士でディスカッションみたいなことをするよ」と聞いていたのですが、GOuniteのインターンは少し様子が違いました。 まずは、インターンが行われる場所。普通のインターンでは会議室のようなところで学生が集まって行われると聞いていたのですが、グランネットでは会議室ではなく実際のオフィスの中で行われました。またインターンの内容も少し違います。学生同士のディスカッションではなく、実際の業務に近い内容を社員さんに教えてもらいながら体験するというものでした。

 

インターン初日

グランネットはベンチャー企業と聞いていたので、少し緊張しながら体験初日、オフィスに伺いました。オフィスの雰囲気は、なんとなく自分がイメージしていた「ベンチャー企業」の雰囲気と似ていました。風通しが良さそうな広々としたオフィスで、私服の人が多いのも印象的でした。担当の社員さんに企業概要や体験内容の説明を受けながら、緊張は徐々に和らぎ、期待が大きくなって来るのを感じました。

 

 

自分の甘さに気づく

グランネットは、SEOやMEOのお手伝いをするwebマーケティングの会社です。 SEOとは、googleなどの検索エンジンで検索が行われた時に、できるだけ自社のホームページの検索順位を上げるための施策です。MEOは、SEOのgoogleMAP版だと思っていただければ大丈夫です。普通の企業さんだと、なかなか自分でSEO対策を行うことができないので、グランネットがお手伝いをしているということですね。今回僕はグランネットが普段行なっている業務を少しだけ体験させていただきました。体験の中では資料を作ることも多いのですが、ここで自分の甘さに気づかされます。グランネットでは、「なんで資料にこの項目をいれようと思ったの?」「どうしてここを省こうと思ったの?」といったように、「なぜ?」の部分がよく聞かれます。この時正直な話、特に理由のないまま資料を作っていました。大学のレポートのように、とりあえず提出すれば単位がもらえるという甘い考えです。ここを何度も指摘され、まだ習慣化するには至っていないものの、「なぜ?」を意識するという一つの考え方を手に入れることができました。最終プレゼンでは、正直まだまだ低いレベルのアウトプットしかできませんでしたが、社員さんのフィードバックで少しは自分の頭がアップデートされたように感じています。

 

 

グランネットの魅力

グランネットでは、担当の方が優しくユーモアがあるところが魅力なのはもちろんのこと、急成長企業ということで成長の過程を垣間見ることができる点も魅力だと思います。会社が成長すると社内にいろいろな問題が起こるそうです。僕はあまりこの部分に触れることができませんでしたが、アクティブにいけば、有益な情報がたくさん手に入るのではないかと思います。最後に、グランネットの皆様、8日間本当にありがとうございました。

(小沢幸太郎)

あわせて読みたい