インターン制度

【インターン生体験談】自信をもって説明できない。それはバカで損なこと。

【インターン生体験談】自信をもって説明できない。それはバカで損なこと。のアイキャッチ

僕が業務を体験する初めての日は、自分のやりたいことを体験できるという期待と、うまくできるかわからない不安とが入り混じった何とも言えない気持ちでした。 そんな気持ちの中で始まった8日間を振り返ると、SEO対策などのWebマーケティングの知識を身に付けて、実際に自分で身に付けた知識を活用するところまでの貴重な体験できた8日間でもあり、「自信を持って自分の意見を言える」そんな人間に少しずつ変化できた8日間でもありました。

僕は、3回生になって将来や就活などについて漠然と考えているときに「将来はマーケティングとかを職業にできたらいいかな」と思っていました。ただ、大学の授業でマーケティングに関する授業を受講してみても理論、理論の連続で「全然面白くない」、「つまらない」「分からない」の三重苦を感じていました。そんな時にインターンを通してなら、実際のマーケティングという仕事がどんなものか体験できると思い、Gouniteに参加しました。

 

不安は消え去り、期待が高まった初日

Gouniteの初出社日は、自分がこれまで興味を持っていた「マーケティング」の正体がついに分かるという期待と、失敗して向こうの人に迷惑をかけたらどうしようといった不安の2つの気持ちが、僕の頭をぐるぐると駆け巡っていました。ただ、そんな不安も電車に乗ってオフィスに到着するまでの話でした。オフィスに到着すれば、私服の社員さんがいるベンチャー的な雰囲気で、ここで一緒に8日間も業務を体験できるのだと僕の期待を高めてくれる雰囲気がそこにはありました。さらに僕の期待を高め、不安を取り除いてくれたのが、僕の担当をしていただいた池田さんの存在でした。顔合わせの段階から僕に気さくにお話をして頂いたおかげで、不安が消えてうまく初日を乗り切っていける大きな要因になりました。初日は、池田さんから会社のことやSEO対策などのWebマーケティングに関する知識などを基本的な部分からきっちりと教えてもらいました。基本的な部分をすべて教わり、オフィスを出るときには緊張もあって少し疲れたなと感じる部分はありました。しかし、そんな中でも次にオフィスに来るときには、池田さんと一緒にどんなことをするんだろうという期待に胸を躍らせていました。

 

 

自分にはもったいない部分があると知る

2日目以降は、池田さんが行われている業務を見せていただいた後に、実際に手を動かして同じことを体験していきました。これまで自分の知りたいと思っていた実際のマーケティングについて体験できていることに対して、最初はとても楽しいや嬉しいという気持ちで一杯でした。しかし、業務をこなして池田さんに報告すると、もちろんのことながら「このデータを選んだ理由は?」「この資料はどう考えて作ったの?」と聞かれました。 その時に僕は、専門的な人の前で自分の意見を出して間違ってたら「いっぱい何か言われそう」や「恥ずかしい」と感じて、もごもごと説明してしまうことや自分の意見を一部言わないといったことを何度かやってしまいました。そうすると、池田さんに「自信がなさそうに見えるのは損」と言われました。最初から自信がなさそうに話すと、しっかりと考えて作ってる資料でも、あまり考えてないような資料にも見えてしまう。失敗や間違いを気にしているかもしれないけど、「失敗するかしないか」「合っているか間違っているか」は話してみないと分からないと言われました。 それを聞いて何時間も自分の持てる力を使って作った資料なのに、伝えるときに自信を持て説明できていないだけで損をするのは、バカなことをしていると気づかされました。

 

 

自分の意見に自信が持てるようにするために

そこからの業務では、Webマーケティングについて学び、体験することはもちろんですが、それに加えて自分の意見に自信を持って説明できるように、工夫するようになりました。具体的には、資料を作るときには前もって説明することを前提に考えて準備に入ることや、自分の意見をまとめてメモを逐一取るようにしました。そんなこんなで気がつけば、最終日の8日目を迎えていました。最終日には、実際にお客さんに見せるための資料を作成して、社員さんをお客さんに見立てたロープレを行いました。そこでは、この8日間で学び、体験したすべてを出すことができました。ただまだまだ改善できる部分はあったようで、自分の新たな課題点なども知ることができました。しかし、この8日間を通して初めて出社したあの日の自分とは、違う自信を持って話のできる自分になりました。

 

 

最後に

8日間の間で、多くの貴重な体験をさせていただいてありがとうございました。 特に、貴重なお時間を割いていただいて、各部署の社員さんからお話を聞けたことは、今後の僕の人生の方向性を決めるうえでとても貴重な経験になりました。そして、Webマーケティングの基本的な知識から考え方や話し方まで手取り足取り丁寧に教えてくださった池田さんと僕をインターンに受け入れてくださった山本社長にはとても感謝しています。 この8日間の経験を生かして、次なるステップに進めるように頑張っていきたいと思います。8日間お世話になりました。

(中尾文哉)

あわせて読みたい