Google Marketing News

【必見】時代はコンテンツSEO!Web集客の成否は“質”で決まる

【必見】時代はコンテンツSEO!Web集客の成否は“質”で決まるのアイキャッチ

先日、株式会社ビットミックス様とWeb集客に関するセミナーを開催しました。
セミナーのテーマは「コンテンツSEO」。

「コンテンツ・イズ・キング」はGoogleが提唱している考え方ですが、弊社は「コンテンツはキング(王様)じゃない、ゴッド(神)だ!」という信念のもと、先日のセミナーでコンテンツSEOの大切さをお伝えさせていただきました。

今回は、先日行ったセミナー内容の一部を抜粋し、 コンテンツSEOのメリット・デメリットをご紹介します。

1.コンテンツSEOのメリットは「集客力アップ」

コンテンツSEOの「コンテンツ」とは、インターネット上の記事を指します。良質な記事を生み出し、検索結果からの流入を図ることが、コンテンツSEOの基本です。

コンテンツSEOのメリットは、下記の5つが挙げられます。

①長期的な集客が期待できる

ネット上から記事を削除しない限り、長期にわたってWebからの集客が期待できます。

②コスパがよい

自社サイトに記事を載せる場合などは、掲載費用がかかることはありません。

③安定的な集客が見込める

Googleによるペナルティやアルゴリズムの変更による影響を受けにくいと考えられています。

④集客力アップが望める

記事を蓄積することで、集客力の向上を図ることが可能になります。

⑤潜在顧客の獲得が可能になる

記事の内容によって、潜在顧客が自身のニーズに気付くきっかけを与えることができます。

つまり、莫大な広告費用などをかけることなく、長期的かつ安定的な集客力を得ることで、潜在顧客の獲得率が高くなることが、コンテンツSEOのメリットです。

2.コンテンツSEOが流行している理由

コンテンツSEOは多くの企業で取り入れられるほど、流行となっている手法です。

では、なぜ今になってコンテンツSEOが流行しているのでしょうか。

2012年以前のSEO対策は、小手先のテクニックを施すことが主流でした。膨大な被リンクを設置したり、大量の検索キーワードを文章に詰め込んだりしたコンテンツが、Googleの検索結果の上位に表示されていたからです。

しかし、現在のGoogleが評価するのは、本当にユーザーの役に立つ「良質なコンテンツ」です。

従来のような小手先のテクニックが詰まった記事は、悪質なコンテンツとGoogleからみなされ、検索結果の上位に表示されることはありません。

だから、良質な記事を生み出すコンテンツSEOが重要なのです。

3.コンテンツSEOのデメリットは「労力が必要」

コンテンツSEOは、高いコストパフォーマンスで集客力アップが望めることが大きな魅力です。
しかし、必ずしも良いことばかりではありません。

コンテンツSEOには、下記のようなデメリットも存在します。

①すぐに結果が出ない

Googleの評価が検索結果に反映されるのに時間がかかるため、すぐに結果は得られません。

②専門知識が必要になる

コンテンツSEOの専門知識がないと、ユーザーの心に響く良質な記事を作ることは困難です。

③時間と手間がかかる

良質な記事を作り続ける必要があるため、相応の時間と手間がかかります。

Googleに評価される良質な記事を作るためには、専門知識だけでなく、時間と手間も必要です。
そのため、コンテンツSEOを実施したからといって、即座にWeb集客の効果が出ない点に注意しましょう。

4.コンテンツSEOを行いたいときは?

上述したように、コンテンツSEOで成果を得るためには、知識や労力も必要です。すぐに効果が出ないことから、長期間にわたり粘り強くコンテンツSEOに取り組まなければなりません。

しかし、「コンテンツSEOを行いたいけど本業が忙しくて暇がない」「どうやってコンテンツSEOを行えばよいかわからない」という人もいますよね。

そのようなときは、株式会社グランネットまでお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォームへ

グランネットは、Googleマーケティングに特化したビジネスを展開する会社です。長年Googleマーケティングに携わる中で、良質なコンテンツを作るためのノウハウを培ってきました。

コンテンツSEOに限らず、Webマーケティングに関するセミナーも定期的に実施しています。参加費は無料なので、興味のある方はぜひご参加ください!