Google Marketing News

SEO対策に適したLazy Loadを検討中とGoogleがコメント

SEO対策に適したLazy Loadを検討中とGoogleがコメントのアイキャッチ

Lazy LoadがSEOには不向きと言われる時代が終わるかもしれません。SEO対策に適したLazy Loadの提供を検討しているとJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏がコメントしました。

◆読者にとっては嬉しい機能、SEOには不向きな機能「Lazy Load」

見たいウェブサイトをクリックしてもなかなかページが読み込まず、いつまで経っても画像が表示されない…という経験をした方もいるかと思います。せっかく訪問してくれたユーザーを逃さないために、「Lazy Load」プラグインの導入が推奨されています。

Lazy Loadとは主に画像の遅延ロードでサイトの表示速度をアップさせる技術です。
通常、アクセスしたページの画像データを全て一気に読み込んでから初めて表示されます。そのためページ内にある画像の枚数が多ければ多いほど、表示速度が遅くなってしまいます。
しかし、Lazy Loadであれば一度にすべての画像を読み込むのではなく、画面の表示範囲のみの画像を読み込んで表示する事が可能です。その分表示速度を速める事が出来るため、サイトの読み込みが遅いことが原因で離れてしまうユーザーが少なくなります。

このLazy Loadは、実はSEO対策には不向きな面があります。
Google botはスクロールをしないため、ページ内で読み込まれている情報で判断しますが、Lazy Loadによって表示範囲外にある画像を読み込まないことにより、botが画像を認識することができなくなってしまうのです。
当然、画像が認識されていなければインデックスもされません。

近年スピードを重視しているGoogleですが、Lazy LoadがGoogle botに対応させることは技術的に無理では無いという回答もしています。
読者にとってもWEB担当者にとってもプラスとなるように、早くSEO対策に適したLazy Load構成が確立されることを期待しています。