Google Marketing News

SEO対策に適したLazy Loadを検討中とGoogleがコメント

SEO対策に適したLazy Loadを検討中とGoogleがコメントのアイキャッチ

Lazy LoadがSEOには不向きと言われる時代が終わるかもしれません。SEO対策に適したLazy Loadの提供を検討しているとJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏がコメントしました。

◆読者にとっては嬉しい機能、SEOには不向きな機能「Lazy Load」

見たいウェブサイトをクリックしてもなかなかページが読み込まず、いつまで経っても画像が表示されない…という経験をした方もいるかと思います。せっかく訪問してくれたユーザーを逃さないために、「Lazy Load」プラグインの導入が推奨されています。

Lazy Loadとは主に画像の遅延ロードでサイトの表示速度をアップさせる技術です。
通常、アクセスしたページの画像データを全て一気に読み込んでから初めて表示されます。そのためページ内にある画像の枚数が多ければ多いほど、表示速度が遅くなってしまいます。
しかし、Lazy Loadであれば一度にすべての画像を読み込むのではなく、画面の表示範囲のみの画像を読み込んで表示する事が可能です。その分表示速度を速める事が出来るため、サイトの読み込みが遅いことが原因で離れてしまうユーザーが少なくなります。

このLazy Loadは、実はSEO対策には不向きな面があります。
Google botはスクロールをしないため、ページ内で読み込まれている情報で判断しますが、Lazy Loadによって表示範囲外にある画像を読み込まないことにより、botが画像を認識することができなくなってしまうのです。
当然、画像が認識されていなければインデックスもされません。

近年スピードを重視しているGoogleですが、Lazy LoadがGoogle botに対応させることは技術的に無理では無いという回答もしています。
読者にとってもWEB担当者にとってもプラスとなるように、早くSEO対策に適したLazy Load構成が確立されることを期待しています。

あわせて読みたい

  • ユーザーファーストなSEO対策について

    昨今のSEO対策ではユーザーファーストです。 これはGoogleの方針であり、あなたのサイトが評価される上で最も重要な要素です。 こちらでは、ユーザーファーストなSEO対策について解説していきます。 なぜユーザーファース […]

  • 集客に繋がる最新のSEO対策方法

    何に関しても「基本」というものがあります。これは、日々アルゴリズムが変動しているSEO対策に関しても同様の事が言えます。 SEO対策会社によって多少考え方や方法は異なりますが、根本的な部分は共通です。ここでは基本に立ち返 […]

  • SEOにおけるUX(ユーザーエクスペリエンス)の重要性

    いまから3年前の2015年、GoogleはAIをベースとした新しいアルゴリズムを発表しました。この際、SEO業界は大きな変化をもたらしました。 これには「UX(ユーザーエクスペリエンス)」が深く関わっていることが考えられ […]

  • SEO対策に適したLazy Loadを検討中とGoogleがコメント

    Lazy LoadがSEOには不向きと言われる時代が終わるかもしれません。SEO対策に適したLazy Loadの提供を検討しているとJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏がコメントしました。 ◆読者にとっては嬉 […]

  • Fetch as Googleのインデックス登録リクエストの回数制限が変更に

    Fetch as Googleを実施したURLだけが対象の「この URL のみをクロールする」が 30日間に500件まで から 1日に10件まで となりました。 これは30日間に300件までと減少したことになります。 「 […]