Google Marketing News

2018年7月リリースのGoogle Chrome 68から非HTTPSページに警告を表示するように。

2018年7月リリースのGoogle Chrome 68から非HTTPSページに警告を表示するように。のアイキャッチ

HTTPで配信されているページすべてに対して、通信が安全でないと通知するラベルをChromeブラウザで常に表示することをGoogleがアナウンスしました。
2018年7月にリリースされるChrome 68から実装される予定となっているようです。

現在は
・フォームに入力したとき
・シークレットモード
の2点でしか表示されていない「保護されていない通信」のラベルですが、
7月にリリースされるChrome 68からはページにアクセスした瞬間からラベルがつきます。

まだHTTPで運用されている方は「保護されていない通信」ラベルがどのような影響がでるのか考察し、HTTPSへの移行を準備されることを検討する必要があるかもしれません。